ヤマミズホームは安心、スピーディ、誠実なアフターサービスをお約束

お引渡しから始まる大切なお付き合い。その考えは創業40年経った今も変わりません。お引渡しの後こそが、住宅施工会社の真価が問われるとヤマミズホームは考えております。

アフターサービス内容について

定期点検
お引渡し後の半年点検、1年点検、2年点検、3年点検、以降5年毎点検
随時点検
定期点検以外でも、お電話一本で即担当者が駆けつけます。
メンテナンス工事
不具合の出た箇所につきまして、メンテナンス工事を行います。

保証について

地盤保障
地盤不同沈下や劣化について最高5000万円まで保証いたします。
住宅瑕疵担保
財団法人住宅保証機構の届出業者認定を受けております。

住宅瑕疵担保責任保険とは??

住宅の構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分の瑕疵に起因して、住宅の基本的な耐力性能もしくは防水性能を満たさない場合に、被保険者である住宅事業者が、住宅取得者に対して、10年間の瑕疵担保責任(無料で補修する義務)を負担することによって被る損害に対して支払われます。 
※契約約款により、免責事由に該当する場合等保険金をお支払いできない場合があります。
保険への加入にあたっては、すべての新築住宅を対象(工法・建て方は問いません)としています。また、住宅の工事中に、現場検査を行います。
また、消費者を守るしくみとして、住宅事業者等が倒産等の場合など相当の期間を経過してもなお補修が行えない(瑕疵担保責任を履行できない)場合等は、発注者や買主である住宅取得者様が(財)住宅保証機構に瑕疵の補修等にかかる費用等(保険金)を直接請求することができます。

詳しくは→http://www.how.or.jp/kasitanpo/index.html

日本住宅保証検査機構の登録ビルダーとして、住宅瑕疵担保責任保険に加入しております。
JIOの「瑕疵担保責任保険」は特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律に対応する保険です。
詳しくは→http://www.jio-kensa.co.jp/service/insurance/my-home01.htm
住宅完成保証制度
(社)群馬県木造住宅産業協会が行っているぐんま住宅完成保証制度の加入業者です。この制度は、住宅建設業者が倒産などした場合に、建築主の損害を抑え代行履行会社が工事を完成させし、建築主に引き渡す消費者保護制度です。

ぐんま住宅完成保証とは

 住宅建設の途中で請負業者が倒産等により工事が継続できなくなると、建築主に工事引継の余分な費用が生じ大きな負担や損害を受けます。その主なものに以下のようなものが考えられます。

  1. 1.前払金の返還債務不履行による損害(当初業者に支払った代金と出来高の差額)
  2. 2.増加工事費用(当初工事請負金額以上に要した費用の実費)の負担
  3. 3.請負業の債権者による差し押さえ等に伴う負担
  4. 4.請負業の債権者による不法占拠等に伴う負担

 住宅完成保証制度は、万一の事態にも被害を最小限にとどめ、住宅の完成をサポートする制度で、群馬県内業者団体である社団法人群馬県木造住宅産業協会が創設した制度です。保証のための基金は、制度参加業者が出資しあったものです。その中には地元の大工・工務店を応援していこうという群馬県や地元金融機関、住宅資材店等も含まれています。

詳しくは→http://mokujyuukyou.com/